企業再生人®ブログ

 
セカンド・オピニオン所属の企業再生人®が、企業再生をテーマに発信していきます
カテゴリ:企業再生

マイレージ・ポイントは誰のモノ?

海外出張や経費立替えをすると、マイレージやクレジットカードのポイントが自分名義で貯まっていきます。このマイレージやポイントって、誰のモノなんでしょう?社用で支払われたモノなので、当然会社のモノ?でも名義は自分名義なので、私用に使っても良い?

私も海外出張の機会が多いので、それなりにマイレージやポイントが貯まります。

 

法律的には誰のモノ?

出張等での仕事の支払いで発生したポイントやマイレージを規定した法律も無ければ、判例もありません。このため、様々な意見が散見されています。

これらの意見を集約すると、
・会社が支払った経費のマイレージやポイントは「法定果実」として会社に帰属する。
・個人が立替えて支払った場合は、帰属は曖昧になる。
・マイレージやポイントに関する「会社のルール」があれば、そのルールに従うことになる。

「会社のルール」に反して私的に使えば、不当利得として返還対象や就業規則違反による懲戒処分対象となり、逆に「会社のルール」が無い場合は、会社側がこの「法定果実」の権利を放棄していると類推され、法的責任は生じにくいとなっています。

特にマイレージの場合、航空会社の規定によって帰属は個人扱いで、マイレージの譲渡も原則禁止されているので、会社帰属とするには実務的にも困難です。

 

会計・税務的には?

法律と同様、こちらも明確な会計処理の指針はありません。マイレージやポイントにより支払額が減少した経済的便益を「値引き」と考えて処理する方法が一般的です。理論的には、マイレージやポイントによって得た経済的便益を「雑収入」などの収益認識することも可能ですが、使用時に同額を費用処理することになるので、利益金額が「値引き方式」と変わらないので、殆ど用いられていません。

マイレージやポイントで全て無料で得たチケットや商品は、まぁ、広告宣伝用景品として何も処理しないのが一般的でしょう。

(3) ポイントの性格等
ポイントの種類は大きく2つに分けられる。購入のたびに購入金額に応じてポイントが蓄積され一定ポイントに達した時点で初めて商品の値引き等のサービスが受けられる又は金券等を受領できるタイプ(蓄積型ポイント)と、ポイントが付与された時点ですぐそのポイントを使用してサービスが受けられるタイプ(即時使用可能型ポイント)の2つである。
また、企業が付与するポイントについても自社発行型、共同発行型、他社買取発行型などがあり、ポイントが企業間で売買されているものもあるようである。
さらに、消費者側のポイントの利用も、値引き(割引)、景品交換、商品券交換、電子マネー交換、キャッシュバック、更には公共料金の支払と多種多様である。
このようなポイントとは一体何かとなると、平成15年4月23日衆議院経済産業委員会において、民主党中山義活代議士の、「ポイントカードは景品か、値引きなのか明らかにしていただきたい。」という質問に対し、公正取引委員会竹島委員長は、「公取としては、これは値引きである、景品ではない、値引きであるという扱いをさせていただいております。また、その旨も世の中に明らかにさせていただいているところでございます。」と答弁している。
しかしながら、現状の利用のされ方をみると、ポイントの性格は、売上値引、売上割引、おまけ景品(販売促進費)、民法でいう予約に似たもの、売上前受金、企業通貨などが考えられ、その価値の認識と測定において、各々が混在していて一つに特定することはできないのではないかと思われる。

マイレージサービスに代表されるポイント制に係る税務上の取扱い(税務大学校 論叢58号)より抜粋

 

マイレージやポイントを使う側ではなく、発行する会社側の会計処理については大きな問題があります。現在の日本の会計処理は、ルールがなく会社独自の判断に任されているため、各社でバラバラの会計処理がされています。ビックカメラ等の大型家電量販店のように引当金計上で費用認識されるのが一般的になっていますが、JALやANAの航空会社ではマイレージは一切引当金計上していません。

また日本で一般的な引当金方式は国際会計基準の売上分割方式とは大きく乖離しているので今後法整備とともに、ルール化されていくでしょう。

 

マイレージやポイントの使い道

マイレージにしてもポイントにしても、一見すると疑似通貨のようですが、これらはあくまで会社と消費者の2者間契約であって、その規約に定める範囲内で付与・使用されます。ある日突然、商品サービス還元率が悪化したり、使用期限が短縮されても文句は言えない契約です。そういった保証は何らされていないので、あまり貯めすぎず適度に使用するのをオススメします。

マイレージは、航空会社以外の商品サービスに使うと還元率が悪くなるので、私はアップグレード使用専門です。これで体力的にラクして出張先で元気に働こう!という、健気な心意気です(笑)

 

セカンド・オピニオン㈱代表取締役
企業再生人® 小澤隆