企業再生人®ブログ

 
セカンド・オピニオン所属の企業再生人®が、企業再生をテーマに発信していきます
カテゴリ:企業再生

無期転換ルール

2018年4月から「無期契約社員」がどんどん誕生していきます。(労働契約法の2013年改正により、2013年4月からカウントして+5年間以上の毎年更新の有期契約労働者が無期契約に転換されるからです。)

無期転換ルールは、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合、有期契約労働者(契約社員、パートタイマー、アルバイトなど)からの申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。

契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、契約期間が3年の場合、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。

有期契約労働者が使用者(企業)に対して無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します(使用者は断ることができません)。

有期契約労働者の無期転換ポータルサイト(厚生労働省)より

 

「5年働けば自動的に正社員」という大誤解

無期労働契約=正社員ではありません。契約期間が「契約期間のない自動更新」になるだけで、正社員になる訳でもありませんし、現在の給与等労働条件を改善することを強制するルールではありません。労働契約法自体も、契約期間以外の契約内容に関しては企業にゆだねる形となっています。

無期契約の時給制パートや時給制契約社員等、現在のカテゴリーにない新しい「従業員区分」が誕生すると思って下さい。その内容は運用する各企業ごとに千差万別で、無期転換後の仕事内容や条件がどうなるのかというところも各企業の方針によって大きく変わってくることでしょう。

またこの無期転換ルールは、現在有期雇用で働いている方が「この権利を行使する」のかどうかは、その方の任意です。無期転換によって自分の働き方と転換後の仕事内容と照らし合わせて判断することになります。

 

「無期雇用派遣」という不思議な制度

派遣で働く方には、「無期雇用派遣」という働き方が誕生します。派遣会社(派遣元)と無期雇用契約を締結し、派遣先の会社で働くというスタイルです。2015年9月30日に改正された労働者派遣法での、「常用型派遣」が該当します

派遣会社で「無期雇用派遣」として働くと、派遣先で働く期間だけでなく、派遣会社での勤務や待機期間でも給与が出ます。安定収入が確保できる一方で、自分が働きたい時期や労働時間、仕事内容や残業の有無などを選びにくくなってしまい、なぜ「派遣」として働くのか分からなくなってきそうです。働く側からみて、私はそのメリットがあまり理解出来ていません。

また派遣会社から見れば、「無期雇用派遣」を抱えることは、待機期間中も給与を払うことになるためリスクを負っています。大手派遣会社の様子を見ていると、無期雇用派遣を抱える目的は、決してフリーターやニートを救済するものではなく、派遣会社自身が優秀な派遣社員を囲い込むことです。このため、その対象は比較的年齢の若い事務系の方が対象になっているようです。

 

働き方の選択肢

働き方の選択肢は多い方が良いと思っています。労働者側の選択肢が多くなると、労働条件の悪いブラック企業は自然と淘汰されていくと思うのです。

そう言えば、この企業再生人ブログにコミックを提供してくれている玉利ようこさんは、最近「働き方研究家」を名乗っているそうです。チャンスがあれば、働き方について色々伺ってみようと思います!

 

セカンド・オピニオン㈱代表取締役
企業再生人® 小澤隆
企業再生をテーマに情報発信 「企業再生人®ブログ

 

【玉利ようこ】
企業再生テーマのビジネスコミック 「企業再生人®ブログ

 

コメントは受け付けていません。