企業再生人®ブログ

 
セカンド・オピニオン所属の企業再生人®が、企業再生をテーマに発信していきます
カテゴリ:企業再生

セカンド・オピニオン社 第12期

今日から5月です。セカンド・オピニオン株式会社は、お蔭様で、第12期を迎えます。「代表者メッセージ」も更新しましたので、併せてお読み下さい。

 

早いもので、会社設立から11年経過して第12期突入となりました。会社設立時は、お知り合いの会社に間借りさせて頂いて、机1台からのスタートでした。その後レンタル・オフィススペースに移転するのですが、社歴の浅い個人会社では、なかなかオフィス賃貸の信用審査に受からず、「あぁ、早く実績を積んで、普通のオフィスを構えたい!」と狭いオフィス・スペースで悶々と考えていたのを思い出しました(笑)。

国内出張が精一杯で、海外出張費が捻出できず、「いつか必ず海外案件にも手を出すぞ!」と自分に言い聞かせていた時期もありました。それを思い出すと、海外出張が続いたからといって「疲れた~」なんて言っている場合ではありませんね(笑)。

 

「継続は力なり」だと思います。

弊社がここまで継続できているのは、関係者の皆様のお力添えのお陰です。日頃より大変なお力添えを賜りまして、心より感謝しております。また、弊社スタッフ、家族に対しても感謝の言葉しかありません。

ラオスで支援させて頂いているCSR活動「アジアに学校を創ろうProject」では、「支援延べ生徒数が700人を超えたねー」と現地NGOの方に言われました。カンボジアを含めれば、支援させて頂いた延べ生徒数は、1,000名を超えています。この活動も、さらに継続・発展させていきたいと願っています。

 

これからも、長期的視点を持ち挑戦を続けながら、企業再生の道を歩んで行こうと思います。

 

小澤隆 - 代表者メッセージ –

多くの経営者・金融機関・専門家・取引先の皆様の支援のもと、企業再生を実践して17年を超え、セカンド・オピニオン株式会社としての組織体制による企業再生も、お陰様で12期目を迎えています。当初は公認会計士という「職業専門家」として企業再生コンサルティングを実践してきましたが、一般的手法・目標設定に違和感を覚えるようになり、その都度自分で納得のゆくように軌道修正してきました。ある場面では「専門家」として、別の場面では自ら「社長」として企業再生を図り、挑戦・失敗・成功の繰り返し……といった具合でしたが、今では保有する再生事業体だけでも合計で売上50億円・従業員300名(2018年5月現在)を超えるまでに成長しています。2011年からスタートしたCSR活動「アジアに学校を創ろうProject」も、お蔭様で途切れることなく継続支援になっています。

第11期には、海外拠点にフィリピンと米国が加わりました。今まではアジア志向が強かったのですが、特に米国への展開はアジア地域以外への展開を視野にグローバル展開を目指した第1歩になります。弊社の人員体制の不足から暫く手が出せなかった日本国内の再生案件にも、再度目が向けられるようになった期間でもありました。

今期(第12期)も更に挑戦が続きます。日本、シンガポール、マレーシア、インド、インドネシア、タイ、ベトナム、香港、フィリピン、米国に続き、さらに展開する国・地域が加わる予定です。海外拠点は日本人以外の各国ローカル・マネージメントチーム体制を志向しているので、私達にとって常に大きな挑戦になっています。また、単に海外拠点展開だけでなく、第12期は今後の幅広い展開を踏まえた組織体制の強化を推進していきたいと考えています。日本国内の再生案件にも、更に寄与していきたいとも考えています。

これからも私達は、長期的視点を持ち挑戦を続けながら、企業再生の道を歩んで行こうと思います。

セカンド・オピニオン㈱代表取締役
企業再生人® 小澤隆

コメントは受け付けていません。