企業再生人®ブログ

 
セカンド・オピニオン所属の企業再生人®が、企業再生をテーマに発信していきます
カテゴリ:企業再生

2019年度 平成31年度 令和元年度 どれを使う?

新元号が「令和」に決まりました。来月5月1日から新元号に切り替わります。

年度

さて、年度とは暦年とは別に、特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。お役所や学校が「4月1日~3月31日」を年度にしているので、○○年度というと特に補足が無い限り、「4月1日~3月31日」を言います。

会社の事業年度も「特定の目的のために規定された1年間の区切り方」です。決算月に合わせて「自○○年○○月○○日 至××年××月××日」と表記します。

 

私はこの「年度」の使い方が苦手で、平成○○年度というと、西暦で何年だっけ? 今は平成何年だったけ?と聞くことが多いです。年齢を重ねるとこうなりやすい(笑)

ウチの子供は元号が「令和」に切り替わると「あぁ平成生まれって言われるんだな、ヤダな」と言っていました。私も2元号前生まれの「明治生まれ」というと隔世の感があったのですが、自分自身が2元号前の「昭和生まれ」に該当してみると、人生って早いなぁとしみじみと思います。

 

2019年4月1日~2020年31日

2019年度
平成31年度
令和初年度

これらは全て2019年4月1日~2020年31日を指しています。

 

元号切り替わりが5月1日なので○○年初年度より、平成31年度の方が一般的に使われるのでしょうか? 昭和から平成への切り替わりの際は昭和64年1月7 日と平成元年1月8日だったので、4月1日は平成でした。このため「平成元年度」が一般的でしたが、今回の元号切り替えはどうなのでしょう?

 

元号を定める政令等について

「元号を改める政令(平成31年政令第143号)」 及び「改元に伴う元号による年表示の取扱いについて」によると

〇改元日前までに作成した文書において、改元日以降、「平成」の表示が残っていても、有効であること

〇改元日以降に作成する文書には、「令和」を用いること。やむを得ず「平成」の表示が残る場合でも有効であるが、混乱を避けるため、訂正等を行うこと

〇元号を改める政令の公布日から施行日前までに作成し公にする文書には、「平成」を用いること

とあるので、5月1日以降の記載は全て「令和元年」になります。

 

年度については、一般的な4月1日~3月31日の年度は予算年度呼称に従うのが通例なので、

〇国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降 は、当年度全体を通じて「令和元年度」とし、これに伴い、当年度 予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては「令和元年度予算」と表示するものとする。

に従い、全て令和元年度で統一され、2019年4月1日~30日の平成期間も令和元年度に含まれることになります。

 

会社の事業年度が4月1日~3月31日ではない場合の呼称は、会社独自の判断で選択になります。それはそれでややこしいですね。

 

 

セカンド・オピニオン㈱代表取締役
企業再生人® 小澤隆
企業再生をテーマに情報発信 「企業再生人®ブログ

 

【玉利ようこ】
企業再生テーマのビジネスコミック 「企業再生人®ブログ

 

コメントは受け付けていません。