企業再生人®ブログ

 
セカンド・オピニオン所属の企業再生人®が、企業再生をテーマに発信していきます
カテゴリ:企業再生

取材商法と取材依頼

起業や独立をして会社・ビジネスのHPを公開していると必ず経験する「取材依頼」の電話・メール。少し前は「昔は有名だった芸能人・スポーツ選手」がインタビューに来るという点を宣伝文句に謳い、取材後に掲載料金を請求してくるというパターンでした。

これらの「取材商法」が有名になり過ぎて商売にならなくなったのでしょうか、最近は「経営のウンチクを語るWebサイト・雑誌」への掲載を宣伝文句にするパターンに変わってきたようです。

 

あなたが取材先に選ばれました!

会社側が宣伝目的で、メディア側に料金を支払って取材(掲載)依頼することは確かにあります。ただ一般的には「取材=無料 or  取材側が謝礼を支払う」と認識されていて、その誤解を利用してきます。

「あなたが取材先に選ばれました!」

中小企業の社長の自尊心をくすぐる勧誘手口です。自己満足のために掲載料数十万円~数百万円を支払う覚悟があれば問題ありません。なお会社の宣伝効果は皆無です。せいぜい社長のお知り合いとの会話で「オレ、取材を受けて○○に掲載されたんだよ」と自慢出来るくらいです。

 

世の中に数多ある中小企業の、無名社長の経歴・自慢話に誰が興味を持つでしょう?社長の経歴・自慢話の前に、まずは自分の会社・ビジネスが世間に認知されるまで頑張るのが先決です。

 

パターン化された勧誘手口

弊社に問い合わせが来るパターンは

「〇〇代表様はいらっしゃいますか?」
HPから代表者名を確認して、とにかく代表者に繋いでもらうのが目的。経営者の自尊心をくすぐる勧誘手口なので、経営者以外と話す展開は避けたいようです。

「先ほどはお電話でありがとうございました(問い合わせメール)」
実際には電話で話していなくても、こういう書き出しで始まります。いかにも社長と話済みという雰囲気を醸し出し、問い合わせメールを経営者に転送させたいのです。

「御社のHPを見て、その実績はスバラシイと思いました(電話・メール)」
どの点がスバラシイかの言及は全くありません。コピペで使い回している感たっぷりです。こうやってアチラコチラに営業する姿勢は逞しいですが、虚しくないのだろうか?と思います。

「ついては来月掲載になるように急いで編集会議にかけたい」
編集会議! とにかく意思決定を急がせて相手側に考える時間を与えたくないのは、詐欺商法と同じです。

「打ち合わせのご都合は、今週の・・・」
この辺りは、普通の営業と変わらないのですが、とにかく「入り口」の段階で詐欺商法丸出しなので、下手に対応して時間を使うのも勿体ない。スルーするのが一番です!

 

一般的な取材依頼であれば、「入り口」の段階で取材の意図・企画内容をキチンと説明してくれます。勿論、取材される側がお金を支払うことはありません。まともなメディアやお知り合いからの取材依頼は嬉しいのですが、ハタ迷惑な取材商法は勘弁して欲しいです。

ちなみに弊社HPの「お問い合わせ」には

広告・宣伝・取材を目的としたお問い合わせはお断りします

を入れています!

 

セカンド・オピニオン㈱代表取締役
企業再生人® 小澤隆
企業再生をテーマに情報発信 「企業再生人®ブログ

 

【玉利ようこ】
企業再生テーマのビジネスコミック 「企業再生人®ブログ

 

コメントは受け付けていません。