企業再生人®ブログ

 
セカンド・オピニオン所属の企業再生人®が、企業再生をテーマに発信していきます
カテゴリ:企業再生

国際宅配便

With コロナのStay Home環境の最中、とてもお世話になっている一つが「国際宅配便」です。

リアル海外出張が出来なくなり、オンライン会議にシフトしているのですが、金融機関や法律関係の契約書ではどうしてもリアルサインが求められます。その際にお世話になっているのが、FedexやDHLといった「国際宅配便」です。

 

東京・シンガポール・クアラルンプール・上海といったアジア各国間では、早ければ翌日(!)に、遅くとも1週間以内にはサインした書類が行き来可能でした。米国との書類のやりとりも1週間あれば充分OK。自宅まで書類をピックアップに来てくれるし、追跡番号でどこを移動中かも一目瞭然なので、とても便利です。

 

宅配便は、仕事以外でも、生活物資がリモート(アマゾン等)で購入できる選択肢はとてもありがたい! 例えばサーキットブレイカー中(ロックダウンの別名)のシンガポールでは、スーパー等の生活必需品用の店舗以外は基本的にクローズになっていました。そうすると、リモートワークで大活躍するプリンター用紙・インク等の購入はアマゾン等によるリモート購入しかありません。そしてその配送は、宅配便の支えがあってこそ成立します。

 

クリアファイルを探し求めて

プリンター用紙やインクといった備品は即購入・翌日配送がアマゾンで可能だったのですが、普段あまり使わない印鑑用の朱肉(レッドパット)、書類郵送に使うクリアファイルといった備品は、アマゾンで探しても何故か簡単には見つかりませんでした。検索を続けてようやく見つけたのですが、印鑑用の朱肉は1週間後の配送、クリアファイルに至っては値段が高いうえに、約3週間後の配送です。

「朱肉やクリアファイルに何でこんなに時間がかかるんだろう?」

と不思議に思って色々見ていると、朱肉は中国からの配送、クリアファイルの配送元は米国アマゾン! なるほど、米国→シンガポールと地球の裏側からの配送なら約3週間かかってもおかしくありません。おまけに配送料もバカ高い!

 

「そうは言っても、文房具店のリアル店舗は開いていないし、オフィスに備品をピックアップに行くこともサーキットブレイカー発動中に出来ないし、仕方ないか…」と諦めて購入ボタンをクリックしようとしたのですが、その時、ふと閃きました。

 

待てよ、どうせ国際便になるのなら、アマゾン・ジャパンのアカウントで購入して日本→シンガポール配送の方が安くなるんじゃないか?」と思いつき、日本購入でシンガポール国際郵送を試みてみました。すると案の定、クリアファイル自体の値段や配送料も安いし配送日数も1週間程度です!

「我ながらすごい思いつき!」と喜んでアマゾン・ジャパンの購入ボタンをクリックしていました。

 

後日談ですが、このクリアファイルが届いてから数日すると「サーキットブレイカー」の段階的解除がシンガポール保健省からアナウンスされ、文房具店も再開されたので、スグに購入できてしまいました。

 

企業再生人® 小澤隆
企業再生をテーマに情報発信 「企業再生人®ブログ

【玉利ようこ】
企業再生テーマのビジネスコミック 「企業再生人®ブログ

 

コメントは受け付けていません。