セカンド・オピニオンとは


アジアに学校を創ろうProject

アジアの発展途上国地域への教育支援を目的として、寄付による学校建設、奨学金制度支援、学校建設が容易でない地域への幼稚園プログラム定期的提供等、2011年からハード面・ソフト面の両面からの支援を実施しています。

代表取締役 小澤隆からのメッセージ

私自身あまり予想していなかったのですが、弊社の直接保有する再生事業体だけでも海外10か国22拠点まで拡大し、さらに拡大していく予定です(2018年5月現在)。弊社が最初に海外で経営活動を始めた2011年に、「経済活動による地域貢献だけでなく、何らかの形でその地域の子供達に貢献していきたい」と考えるようになりました。

建設した幼稚園や小学校の子供達、奨学金や週1回の幼稚園プログラム提供でサポートしている子供達の笑顔からは、支援させて頂いている以上の元気や勇気を貰っています。こういう子供達や各国で働いてくれているスタッフの子供達が、将来何らかの形で一緒に活動することがあったら…と夢は膨らみます。

こうしたCSR活動も、お陰様で2011年に開始して以来、途切れること無く現在まで継続支援になっています。ラオス・カンボジア両国でのCSR支援対象になった子供達も、累計で1,000名を超える活動になってきました。支援対象だった子供達が、今度はボランティアとして支援実施者になっている姿を見るのは嬉しい限りです。

今後もCSR活動をさらに継続・発展していきたいと願っています。

 2015年から継続支援している出前幼稚園(正式名称:Child Rights Promotion Project)の様子

 2013年に開校したカンボジア小学校の開校式の様子

 2012年に開校したラオス幼稚園の様子

アジアに学校を創ろうProject 更新情報