企業再生Media

書評&映画評の記事

Re-post: 後藤正治『天人 深代惇郎と新聞の時代』
カテゴリ: Re-post書評&映画評

Re-post: 後藤正治『天人 深代惇郎と新聞の時代』

最近はインターネットメディアや右派メディアの朝日叩きが盛り上がっている。どちらかと言えばリベラルというよりは中道(どっちつかずの婉曲話法)に属している自分だが、このあたりにはかなり違和感を感じる。 朝日の型通りの左派的意……

続きを読む
Re-post: 『行きずりの街』志水辰夫
カテゴリ: Re-post書評&映画評

Re-post: 『行きずりの街』志水辰夫

志水辰夫のハードボイルドな物語を追うには、映画を観るだけで十分だったかも知れない。   スキャンダルで故郷に戻った塾講師と、彼の高校教師時代の教え子で、元妻の小西真奈美演じるバーのママ。 失踪した塾の生徒だった……

続きを読む
Re-post:『おと・な・り』
カテゴリ: Re-post書評&映画評

Re-post:『おと・な・り』

麻生久美子は好きな女優だ。話す内容と、年齢の割には幼く聞こえる語り口のズレが醸し出す独特の魅力がある。 麻生久美子の出た映画の中で一番好きなのは、「おと・な・り」だ。 改築で何年か閉鎖される前の恵比寿のガーデンシネマで観……

続きを読む
Re-post: ~いまそこにある未来~リンダ・グラットン『ワークシフト』
カテゴリ: Re-post書評&映画評

Re-post: ~いまそこにある未来~リンダ・グラットン『ワークシフト』

リンダ・グラットンの「ワークシフト」は面白い本だ。働き方改革という名称の小手先、あるいは表面的な言葉が往き来しているが、グラットン女史を顧問に招き入れたぐらいには、現政権も本質に近づこうとしているのかもしれない。しかし問……

続きを読む
Re-post: 『陸王』そして『Shoe Dog』
カテゴリ: Re-post書評&映画評

Re-post: 『陸王』そして『Shoe Dog』

陸王という小説、そしてテレビ番組の面白さの大半が、箱根駅伝に代表される陸上競技というものの魅力によるところが大きいのは事実だ。 (箱根駅伝 公式HPより)   世の中は未曽有のジョギングブームらしく、たまに休日……

続きを読む
Re-post: 恋する人工知能『her/世界でひとつの彼女』
カテゴリ: Re-post書評&映画評

Re-post: 恋する人工知能『her/世界でひとつの彼女』

iPhone6のOSを11にアップグレードした途端、電池の減りが尋常じゃなくなった。いろんなことを考慮したあげく、結局iPhone8Plusにアップグレードした。 僕たちは、結局、使い勝手の囚人になってしまっている。そし……

続きを読む
Re-post: 柴崎友香 『ショートカット』
カテゴリ: Re-post書評&映画評

Re-post: 柴崎友香 『ショートカット』

午後と夕方の中間ぐらいの時間、品川の港南口で、ミーティングが終わり、少々時間が空いたので、品川埠頭の方に向かって歩いてみた。東京新聞の配送センターを通り過ぎ、旧海岸通りを抜けて、吉田修一の東京湾景にも出てくる御楯橋を超え……

続きを読む