企業再生Media

コラム

カテゴリ:
私もプレスで淹れたい。と言われて超嬉しい!コーヒーファン向けイラストその18

 

こんにちは、茶谷順子です。

コーヒーはお好きでしょうか?私は、好きです。

このコーヒーブログは、もうコーヒー屋さんで働いていない私が、今まで教わったことを忘れないようにしたくて始めました。

私にはごく当然のことも、「コーヒー好き」という方でさえ、知らない部分がよくあり、なんだかもったいないなあと、感じていました。

その知識のギャップを埋めたら、もっとコーヒーが前より美味しく、気軽に楽しめるようになるんじゃないかな。と思っているんです。

今回まで気がつけば18回。その中でちょっと嬉しいことがありました。

この記事で、2名の方が、コーヒープレスを使うようになってくれたんです。

 

誰でも簡単に淹れられるって本当なんです。

 

本当に簡単で美味しい。そして楽。

 

まず1人目は、珈琲順太くん(仮名?ペンネーム?)という、私のお友達。

普段はインスタント派なのですが、ふと、自分もオフィスで美味しいコーヒーを淹れたいなと思ったんだそうです。

とはいえ、もともとインスタント派ですから、難しいのは除外。

当初は電動コーヒーメーカーを探していたのに、私のプレス推しと、この説明を読んで、プレスのシンプルさ、淹れやすさ、手入れの簡便さがお気に召したそうです。

嬉しい!

 

心なしか嬉しそうで、誇らしげに見えます。

 

今やかっこいい黒のプレスを手に入れて、お店では「プレス用に挽いてください♪」と新鮮な豆を購入したりもしてるんだそうです。

いいな。うちの年季の入ったプレスもいいけど、新品に憧れます。

ちゃんと、淹れる前にカップをあっためるのも忘れてないって!素敵です。

簡単なことだからこそ、まあいいか、ってすっ飛ばしたくなるとこを、ちゃんと実践してくれてるのが、とっても嬉しかったです。

美味しい珈琲タイム、ご一緒したいな〜。

 

 美味しい!って思ってさ、うちも淹れたくなったほ。

 

夏の暑さに濃いアイスカフェオレ。まろやかなのにコーヒー感あって、おいし〜!

 

これは、うちの妹の言葉です。

もう1人のプレス利用者はこの妹です。普段は、自分でも淹れますが、私がいるときは飲む専門でした。

「上手い人に淹れてもらった方が、美味しい気がする」んだそうです。

この日は、暑かったので久々にプレスでアイスコーヒーを淹れました。それを飲んで、妹は衝撃を受けたんだそうです。

「お、美味しい!!」って。ちょい大げさでしょ。

 

 どうやって作るの?プレスのアイスコーヒーって。

 

そんな衝撃的に美味しいプレスのアイスコーヒーの作り方も紹介します。基本的には、ホットと一緒です。詳しくはプレスの回をお読みください

ホットとの違いは、使う豆の量が倍。注ぐグラスに、最初から氷を山盛りに入れておく。

この2つだけです。ね、とっても簡単でしょ!でも、簡単に行程を書きますね。

 

☆ホットの倍の量の豆を入れ、普段通りに4分待つ。
(美味しく入れるコツも忘れずに。)

☆4分経ったら棒を押し下げる。
この時、豆が多いので、結構押し下げるのが大変です。あと、フィルターが反発でばらけやすいので、ネジ部分の締まりを事前に確認しときましょう。

☆山盛りに氷を入れたグラスに熱々のコーヒーを注ぐ。
氷はすぐに溶けるのでケチらずモリモリにしましょう。氷が溶ける「カラン」っていう音も、人気のひとつです。

 

豆が多すぎるんじゃ?との心配はご無用。氷も溶けるから最初に濃い目に作るんです。

 

以上なんです〜!本当に簡単に、ホットが目の前でアイスに変化するんです。しかも濃厚で、美味しい!

シャバシャバした、氷の溶けた味のするアイスコーヒーとは全く別物。

これは淹れたくなるのわかりますよね。ミルクとの相性も抜群なんです。

 

わかっているのに、ドキドキしながら作る。ああ、早く飲みたいね。

 

妹は、この美味しいコーヒーを、自分でも淹れてみたい!と思って、作り方を私に聞いてきました。

それだけでいいの? こんなに豆を使うの? グラスにそのまま注ぐの?

と事前に説明したのに納得できない感満載で作っていました。笑

でも、その完成品を飲んだ時は「!こないだと同じ味がする!美味しい〜!」と興奮していました。

その後、豆をケチったらやはり微妙な結果になったらしく、今はレシピ通りに作って今日も美味しい、と楽しんでくれています。

 

 美味しくできると、つい勧めたくなる。

 

ちょっとドキドキしながら飲ませてくれました。ごちそうさま。

 

とまあ、友人と身内がプレスの魅力に気づいてくれたんですが、そうでない方も是非、機会があったら淹れてみてほしいです。

プレゼントでもらったけどよくわかんなくて使ってない、という方もいました。

私は、普段、淹れる方が好きなんですけど、淹れてもらうのもいいなあって思いました。嬉しそうに作って、ドキドキしながら渡してくれるとこに一緒にドキドキしました。

 

飲んだ時に「どう?」って反応を待たれるのはちょいプレッシャーですが、美味しいんですよ。簡単だから!

分量を守れば、楽勝です。この時期アイスから始めてみてもいいと思います。

というわけで、今日はネルの事を書かずに、嬉しかったプレスの利用者のことを書いてしまいました。次回は、この嬉しさを継続してネルの事を書きます!

 

【茶谷順子】
注)このコラムは、イラストレーター茶谷順子さんの2017年8月05日付けBlogの転載です。