企業再生Media

コラム

カテゴリ:
「粗挽きネルドリップ」は美味しいコーヒーの合言葉?コーヒーファン向けイラストその20

こんにちは、茶谷順子です。

このコーナーでは、コーヒー好きの私がイラストを交えて、美味しいコーヒーの淹れ方を主観的に書いています。

今回はまろやかで美味しい、本格派、ネルドリップの抽出編。

もしよかったら、お手入れ方法も以前に書いたので、そちらもどうぞ。

 

  どんな器具がいるの?挽き方は?

ネルフィルターは、起毛してる方が外側です。洗った後は気を付けましょう!

 

ネルドリップで使うのは、主役のネルフィルターと、細口ポット。他にも便利グッズがありますが、この2つで十分。

粉の引き具合は、粗挽き、もしくは中粗挽き程度です。

 

CMで聞いたことありませんか?「粗挽きネルドリップ」というフレーズ。

美味しいコーヒーの代名詞のように使われる3大用語の1つだと思ってます。あとの2つは「100パーセントアラビカ種使用。」と「違いのわかる男。」

私はこの言葉を聞くと、美味しいコーヒーをイメージしてしまいます。皆さんは…どうですかね。

まあ、そのくらい、粗挽きでネルドリップしたコーヒーは美味しいんだな。と覚えてれば良いと思います!

 

細口ポットで、慌てないで優しく、注いでほしいな。

手元で淹れると、見やすい角度に調節しやすいのもいいんです。

 

ではいよいよ抽出しましょう!

・まず真ん中を少〜し、くぼませるように粉を入れます。

・そのくぼみにそっと載せるようにお湯を注ぎます。
粉全体をお湯で浸すのではなく、中心に500円玉程度の大きさのお湯を置くようなイメージです。

・そのまま約30秒放置。徐々にお湯が粉に浸透し、蒸らされていきます。

蒸らしは粉をゆっくり広げて、成分を自然に抽出できるようにするための大事な時間です。と同時に、最初の良い香りが広がる幸せな瞬間でもあります!

焦らずに。味が決まるポイントなので、30秒蒸らしましょうね!

 

 30秒待ったら、その後も優しく注ぎます。

徐々にフィルター下部からコーヒーが滴り落ちてきます。

 

・そして30秒待つうちに、粉がふわっと膨らんできます。そしたら第2湯。

この膨らんでく様子を見ていたら「そろそろ大丈夫だな。」とか「もう少し待ったほうがいいな。」ってわかってくるような気もします。

中央から徐々に粉を押し広げるように「の」の字を書くようにお湯を注ぎます。

 

徐々にお湯を含んで重くなるけど、安定して淹れやすくなります。

 

これはペーパードリップのときと一緒ですね。

気をつけたいのは「の」の字を広げすぎて、フィルターにお湯を当てないこと。一回り内側でとどめ、内周りに戻します。

粉自体が濾過層になるので、端までお湯をかけてそれを崩さないためです。

フィルターは濡れてますが、落ちてくる箇所は先端一箇所からまっすぐ抽出されます。なんだか不思議ですが、粉の層がきちんと形作られているので、そうなるんでしょうね〜(憶測)。

 

適量になったら、そっと外しましょう。

ポタポタするから、やや深めのお皿でキャッチしてくださいね。

 

こうしてネルドリップは抽出されます。適量になったら残っていてもカップから外します。

紙を通さないので、すっきりしすぎない、適度なまろやかさのある味に仕上がります。

布で漉すこと自体がなんだか丁寧な気がします。お料理でも後が面倒だから紙!っていうのが多いです。でもだからこそ、たまにはね。味わいも違うんです

ポイントは、急ぎすぎずにゆっくり注ぐこと。ちゃんと蒸らすこと。ぜひ一度お試しください。

というわけで、ネルドリップ編はこれでおしまいです。

 

次回は、そうだな〜。何描こうかな。ネスプレッソか、グラインダーについて書いてみようかな!

 

【茶谷順子】
注)このコラムは、イラストレーター茶谷順子さんの2017年8月21日付けBlogの転載です。