企業再生Media

コラム

カテゴリ:
じゃあ、プロペラ式のミルの良いとこは?コーヒーファン向けイラストその27

こんにちは、茶谷順子です。

このブログはコーヒー器具について、イラストを交えて描いてます。いつかコーヒーの書籍にも描きたいと思いつつ、器具について描いています。

見たことはあるけど、特徴や利点はよくわかんない。そこを掘り下げてコーヒー器具との距離を少し縮めてもらいたいです。

今回はプロペラ式のミルについて書きまーす!

 

電動のコンパクトサイズのミル。とっても簡単!

シンプルな構造とお手ごろ価格で人気のミルです。

 

電動の中では一番ポピュラーなので、知ってる方も多そうです。使い方は、とっても簡単なんです。

ボタンを押してる時だけ動きます = 挽きます。離すと止まります。

細かくしたいときは長く押し、粗めがいいときは短く押すだけです。感覚的に操作できるので人気があります。カバーも透明で中が見えてますからね。

好みの粗さをあらかじめ把握しておき、それに合わせるだけです。粗さが不安な方は珈琲屋さんに抽出方法に適した粗さを聞いておくと良いですよ。

ただ、ちょっと難点があるのも事実です。個人的にはお勧めしてません。でも、手頃な価格だし、最初に買いたくなります。

だからデメリットもしっかり知っておいて欲しいんです。あとでがっかりしないためにも。このミルのためにも。

 

 ワンルームだから、均一に挽くのが難しい!

この小さな2枚刃が全回転して豆を粉にしてくれます。

 

・粗さがバラつき易い。
この器具は、刃が回転し続けるだけの簡単構造です。自分で適度な粗さを見極める必要があります。

ですが、丁度良い粗さになっても、その粉を分ける部屋がないのです。

粗い豆も、理想の荒さになった粉も上部の小さな部屋に一緒のままなんです。
まだ粗い粉を引く間も、適度な粗さになった粉まで更に一緒に挽かれ続けちゃうんです。

カットし続けると、必然的に細かい中に更に細かい粉が混ざってしまうんです。

まだ少し粗いのが残ってるなぁーと、ばらつきを解消するために、器具を振って均一に切れるようにします。が、なかなか均等には挽けないんです。

やはり均一に挽いた粉で入れた方が、断然美味しいのです。

 

・熱を持ちやすい。
そうしてずっと挽くのは結構熱を持ちやすいです。そうすると、香りが飛びやすく、酸化もしやすいです。

酸化すると酸っぱいコーヒーがもれなく出来上がります。

すぐに飲む分だけなら致命的ではないですが、まとめて挽いておくのはやめた方が無難です。

 

ただ、香りの良さは共通です!よかったね。

ただ、この器具のメリットもちゃんと見つけました!
・挽きたての香りは、他の器具同様に楽しめます。

・掃除が楽チン。
他の器具に比べて構造がシンプルなので掃除する部分が少ないです。お掃除が面倒な方はオススメです。(しなくていいわけではありません。)
粉が残って酸化すると、淹れるコーヒーの味にも影響しますから掃除は大切なんです。

・使い方が簡単
冒頭にも書きましたが、感覚的に使えるので、取説とにらめっこしなくていいのはありがたいことです。

・場所をとらない。
茶筒程度のサイズなので、収納に限度がある場合はこのサイズは助かります。
考えてみると結構いいとこありますね!よかった。。。ただ、味を追求するとしたら他の選択肢も入れる方が良いです。

というわけで、プロペラ式ミルをあまり褒められない回でした。ごめんよ!

 

でも、いい香りのコーヒー、手軽に飲みたいなあ。

喫茶店によくあるミル。家で買う時は事前許可がないと喧嘩になるかも。

 

えー、粗さがばらつくのはやだし、朝から手回し式でゆっくり挽くなんてできないよ。だって二度寝もしたいし。

じゃあこれ?業務用じゃない?こんなの置けないよー!もっと手軽なやつないの?と思った方へ。

私はこれとも違うグラインダーを使っています。それを次にご紹介します。こうして比べると、ミルも違いがはっきりしていますね。

どうぞ、お楽しみに〜。

 

【茶谷順子】
注)このコラムは、イラストレーター茶谷順子さんの2017年10月17日付けBlogの転載です。