企業再生Media

コラム

 
仕事の合間に、ちょっとひと息つけるコラムをお届けします。

カテゴリ:
コーヒーセレモニー「カリオモン」ってなに?(前編)/コーヒーファン向けイラストその69

こんにちは!茶谷順子です。このブログはコーヒーをもっと気軽に楽しむコツを、イラストを交えて描いています。

今回は、エチオピア女子なら普通にできるらしい「カリオモン」というコーヒーセレモニーについて書いてみます。

エチオピアは、超速いマラソン選手が多いだけじゃなく、コーヒー発祥の地(一説)としても有名。そこで行われてるコーヒーセレモニーは、日常に根付いていながら、日本の茶道のようでした。

考えただけで、楽しそうですよね〜。

 

カリオモン =「コーヒーをご一緒に」

カリオモン、エチオピア女子なら皆、習得してるんだそうです。

 

カリオモンの、カリは「コーヒーノキの葉」、オモンは「一緒に」という意味だそうです。

合わせて、「コーヒーをご一緒に♪」という意味合いなんでしょうね。

ちなみに、コーヒーを淹れる役割は、開催するお宅の女性が執りおこなうのが決まり。以下の手順で行います。

【主な手順】
1 青草や花を床に敷き、小さな台を用意。 お香を焚いたりもする。
2 生の豆を洗って、フライパンみたいなので直火で煎る。結構黒くなるまで。焙煎し終えたらお客様に香りを嗅いでもらう。
3 そのお豆をすり鉢とすりこぎでゴリゴリ擦って砕く。
4 細長いツボみたいなポット(ジャバナ)で砕いた粉と、水だけを入れて火にかけ、煮出す。
5 沸騰したら、カップにコーヒーを注ぎ、再びポットに戻す。この動作を繰り返す。
6 完成したら少しアクを捨て、小さなカップに分けて飲む。
7 1煎〜3煎まで飲むらしく、その呼び名も「アボル」「トーナ」「バカナ」と決まってます。

 

皆、やっぱり喋りたいから集まるのかな。

アボルと、トーナはどんな意味があるのかな?載ってなかった。

 

イメージつきましたか?1つ1つの行程にお客様への愛情がこもってるのがわかりますね。

歓迎し、コミュニケーションをとり、味わいながら幸せを祈る。

本や、映像で見たものは、お家の庭などで行われていて、「セレモニー」と言っても、リラックスした雰囲気でした。2時間くらいかけるそうです。待ってる間に、豆やポップコーンを食べながらのんびり過ごしてるようで、緩やかです。

ご家族や友人の家を行き来して飲み合いっこしてると、味の違いも楽しめていいですよね。

やっぱりコーヒーがあるだけで、世界のあちこちでおしゃべりが広がってるんですね。面白いです。

これがカリオモンの概要でした!

次回は、器具や実際にどんな器具で準備しているのか、ご紹介しますね。

 

 


注)このコラムは、イラストレーター茶谷順子さんの2019年01月22日付けBlogの転載です。
【茶谷順子】
仕事のお供に、珈琲を楽しむ「コラム」をどうぞ!

 

コメントは受け付けていません。