アジアに学校を創ろうProject

 
セカンド・オピニオンが行っているCSR活動「アジアに学校を創ろうproject」の活動報告です。
カテゴリ:

ラオス修学旅行(The study tour to Vientiane Capital)②

ラオス修学旅行(The study tour to Vientiane Capital)①の続きです。

実際に現地訪問出来る機会は少ないので、こうやってレポートを頂けるのは嬉しいです。

 

タート・ルアン仏塔(That Luang Stupa)

ラオスの国民主義シンボルのタート・ルアン仏塔です。

タート・ルアンはラオスのビエンチャンにある、ラオスを代表する仏塔のひとつである。ラオスのシンボルであり、国章にもタート・ルアンが描かれている。

内部には入れないので、外側からの撮影です。

 

パトゥーサイ凱旋門(Patuxay or the Victory Monument)

ビエンチャンに来たら外せない観光名所です。

内部にも入れて登れます。

 

アノボン王公園(King Anouvong public park)&タラートクアディン市場(Khuadin market)散策

 

ショッピングモール(Lao-IInternational Trade Exhibition and Convention Center)

キレイなお姉さんはお好きですか?(笑)

 

ネラダ私立学校(Neerada private school in Jomphet village)&クォンビン幼稚園(Quang Binh kindergarten in Savannakhet province)訪問

 

他校での学校の雰囲気を感じ取ったでしょうか?今後、高等教育を受けようと思ったら、首都ビエンチャンに来る可能性が高くなります。そんな将来イメージを描けたら嬉しいです!

 

修学旅行は無事終了!

効果的な教育支援方法を模索していた際、「例えば子供を日本や海外に連れ出したとしても、比較対象の文化差が大きすぎて現実的ではない。むしろ、ラオス国内の首都に連れ出して、普段見ていない世界を体験して貰った方が得るものが大きいだろう」というコメントを頂きました。

今回の修学旅行projectは思い付きからスタートしていますが、このコメントが大きく影響していたと思います。

 

Summary

This trip is a creative activity and useful way for initiatives of learning process on a new thing and different lesson from the real place where tour group visits. It allows children can learn through travel to near and far away places by themselves.

This activity is the first time for the project to take children and teachers to outside school because there is no any project has not conducted activity like this, in which teachers and pupils can trip and see the real place of history and culture apart from learning in the classrooms and it can change the atmosphere due to learning in the classroom might be boring at some time, but learning from outside might be more interesting for pupils and teachers and it can fulfill more active and enthusiasm and make the learning achievement is better effective.

In conclusion, study trip is one approach to increase more active from somewhere to another group, which can bring a great lesson and experience from where they visit to be used in real work and it is also a possible way to transform the attitude, though and the ideas of people. In particular, children and teachers get a better lesson and experience and then, they will start at changing from what they see and what they learn this means learning in real please it is much more different from imagination. Of course, they will see the good points of field trip and can conclude and compare between their village to the developed city in terms of developing sector and they can do by themselves.

「Study tour activity report by ACD より抜粋」

 

セカンド・オピニオン㈱代表取締役
企業再生人® 小澤隆
CSR活動報告 「アジアに学校を創ろうProject

 

コメントは受け付けていません。