サービス


セカンド・オピニオンとは? サービス

企業再生業務

弊社の企業再生業務は、再生会社経営権の取得を前提とした上で、弊社が派遣する企業再生人®が経営者となって、「従業員主体の企業再生を短期間で達成し、成長ステージに向かわせる」ことを意味しています。一時的・部分的な企業再生コンサルティング業務は志向していません。 企業再生人®のもとで、

・再生計画を法律・会計専門家らと共に策定し、
・12ヶ月以内の黒字化、
・その後の成長ステージへの移行

を実践していきます。
 
企業再生業務は、経営破綻時における短期視点の経営改革業務と、その後の成長ステージに向かう長期視点の経営改善業務の双方が必須です。
 
弊社の企業再生業務に関する報酬は、企業再生過程により獲得した事業利益からの支払を想定しています。基本的に成功報酬がベースになります 。

企業再生投資

中堅・中小企業を対象に、弊社自らが企業再生人®として再生会社の経営者となり、大きくリスクを取った上でスピーディーに企業再生投資の投資判断・意思決定を実行します。
 
弊社の企業再生投資は現時点ですべて自己資金のみで構成され、再生ファンド等の外部資本導入を志向していません。「中堅・中小企業の企業再生で、短期間のキャピタルゲインの求めるべきではない」という弊社の企業再生方針が色濃く反映されているのです。
 
従来の一般的な企業再生投資は、不良債権を割安に買収し、その後資産の売却によって収益を上げる、いわゆるハゲタカ型の投資手法が中心でした。最近でこそ再生会社のキャッシュフローの改善に取り組んで企業価値の増加を図るような企業再生投資も見られるようになりましたが、そのような企業再生投資は、日本ではまだまだ中堅・中小企業を対象としていません。